ロゴ
HOME>Review>外壁塗装で失敗しないためのコツ【体験談をチェック】

外壁塗装で失敗しないためのコツ【体験談をチェック】

ペンキ

築年数が十数年経過したら、外壁工事を行なうのが望ましいでしょう。外壁工事をする際には、初期の見積額から工事費用がアップしない業者を見極めましょう。今回は実際に外壁工事を依頼した人の声をお届けします。

レビュー

事前の見積もりに不備がないかしっかりと確認しました【40代/男性】

愛知県内で中古住宅を購入し、10年過ぎました。築25年を超えることになり、外壁などもかなり古くなって来ました。壁にクラックも入り、コケのようなものが目立って来たことから、外壁塗装のリフォームを決めました。ネットなどで大まかな費用を知り、業者選びも大事といろいろ探しました。この業者選びが一番の仕事と考えた理由は、定価と言うものがないと言うことです。業者の見積もりを全て信じることになる訳ですから、信頼の出来る業者選びが必要になります。そのため複数の見積もりを取り、提出された価格だけでなく、実績を調べ現場も確認しました。担当者と打合せを行い、リフォーム工事が始まっても見積価格に変更が出ない業者を選びました。その理由は安い見積もりを提出して、工事が始まると追加工事と費用アップを図る業者はまずいと考えたからです。

万が一のアフターフォローがしっかりしている業者にしました【40代/女性】

結婚と同時に主人が家を購入し、16年が経ちました。新築で気持ちの良かった住宅も、外観が古ぼけて来ています。色あせて来た壁を見ると、ヒビ割れも目立つようになって来ていましたので、丁度良い機会と考え、外壁塗装のリフォームをすることにしたのです。キッチンなどを行う業者と違うことから、知っている業者もなく、まずは情報を集めることにしました。愛知県内にあり、街の中でたくさんの実績を残している業者探しをしました。地元の人に信頼されていることが、大事なことで、工事費が安く済むと言うことは、二の次に考えました。また費用も高額になることから、経験者に相談しました。見積もり段階で安く提示され、工事が進むにつれ費用が上がって行く業者は避けるべきと言われ、納得出来ました。そして工事が終わった後、万が一のこともあるので、アフターフォローがしっかりしている業者を選ぶ必要があるとも言われました。完璧に工事が終わったはずだったけれど、あとで小さなミスが見つかったなどの場合もあり、アフターフォローが大切と教わりました。